普通のサラリーマンだった私がイタリアでMBA取得を目指すブログ

普通のサラリーマンだった私がイタリアでMBA取得を目指すブログ

2019年4月からイタリア人の妻とやんちゃな息子とミラノに移住し、9月から1年間MBAコースに通う予定の元・普通のサラリーマン(現在主夫)のブログです。

ジェノバからミラノへの帰り道で出会った紳士

みなさん、こんにちは。こぶです。
 
週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?私は、妻と息子の3人でミラノからジェノバに小旅行にいってきました。今回はその帰り道で出会った素敵な紳士のお話しをしたいと思います。
 
ミラノ・ジェノバ間は150キロほど。約2時間の電車移動で、日本でいう特急列車のような長距離電車だったのですが、安い料金だったので、席の予約はありませんでした。
行きは始発駅(ミラノ中央駅)からの乗車だったので座れましたが、途中から満席で、通路に立たなければいけない人も結構いました。
 
帰り道、ジェノバ駅で乗車したときには既に満席で、通路どころか車両と車両の間の部分(新幹線のデッキ?トイレなどがある場所)にもたくさんの人が乗らないといけない状況でした(後の方に停まった駅では乗れない人もいました)。
そのデッキの部分は、エアコンが効いてないんですね。7月の暑い中、エアコンなしの部屋に人がたくさん入ると、それはもう暑い。
なので、私と息子はデッキで若干確保したスペースに残り、妻が少し離れて車両のドアを開けて、エアコンの空気をデッキにも入るようにしていました。
すると、車両の一番デッキに近いところに座っていた50歳くらいの犬を連れた女性(女性A)と妻が何やら言い合っています。聞くと、女性Aが「暑いから、閉めろ」と。
あまりにしつこいので、妻が息子を抱いて中に入ろうとしていると、女性Aの隣に座っていた男性が妻と息子に席を譲ってくれました。彼は40代半ばくらいの長身、メガネ、ヒゲ、左腕にガッツリタトゥー、白シャツを直接羽織り、第2ボタンまで開けて白くなった胸毛がチラリと見えるイカした紳士(紳士B)でした。これから2時間も満員電車なのに、ありがたい。
更に紳士Bは、デッキに他に子連れがいるのを見ると、車両に入るように招き入れてくれました。おかげで、4歳くらいの男の子とその母親(母親C)も中に入れました。なんと立派な紳士。そして、私も中に入り、スーツケースを使ってドアを開けていました。
 
しばらくすると、母親Cが私に言いました。「ドアを閉めてほしい」と。いやいや、あなた、外の暑さ知ってますやん、と驚きを隠せずにいると、女性Aが便乗して「閉めろ」と。
イタリア語をわからないふりをしていたんですが、女性Aはずっと言ってくるし、隣に座っている妻と息子に何かされても嫌だなぁと思いました。最終的には妻にも促されて、荷物を完全に中に入れてドアを閉めました。外の人には申し訳なかった。
 
ちょっとしてから、外にいた中国人の若者(若者D)が外からドアを開けました。すかさず文句を言う女性A。若者Dは少し粘りましたが、結局ドアを閉めました。何もできず申し訳なかった。
 
中で、黒人の兄ちゃんが母親Cとその息子に席を譲るという一件が起こり、そしてまた、ドアが開きました。
今度は複数のデッキの人達がドアを開けて欲しいと要望しています。ちょこっとだけドアを開けて、女性Aに開けることを納得してもらえるように説得している感じでした。私はドアの近くにいるのに無力で、とりあえずドアが閉まらないように足を挟んでおくくらいしかできませんでした。女性Aは結構しつこく文句を言って拒否していました。
すると紳士Bが、女性Aに「開けないと外の人達が大変過ぎる」的なことを言って、結局ドアをガッツリ開けることになりました。
 
紳士Bは大人の対応で、決して感情的にはならず、最終的にその場の色々な立場の人にとって最善の結論が出ました。一方で私はこの間のやりとりで色んな考えや感情を抱きました。恥ずかしながらめちゃくちゃ腹を立てていました。
 
紳士の隣に立ち、少し冷静になりながら、考えてみました。
自分にも紳士Bのような振る舞いができたか?あの場面で席を立てたか?あの場面で他に子どもがいないかを気にできたか?あの場面でデッキの人達の気持ちを代弁できたか?きっとノーです。紳士、本当に人間ができているなぁと感じました。
 
ミラノ中央駅に到着し、妻に聞きましたが、紳士にも1歳半の子どもがいるとのこと。立派なお父さんだなぁと思いながら、目の前にはスーツケースを押すのを手伝ってくれる息子。私もお父さんです。自慢のお父さんになりたいという気持ちを強くしました。
今度私も同じような場面に遭遇したら、席を譲ろうと思います。まだまだ未熟な父親ですが、できることから始めたいと思います。
 
今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ミラノでお米を炊いてみました。

みなさん、こんにちは。こぶです。

 

ミラノに来て2か月半ほど。初めての海外生活で食事は大丈夫だろうか?と多少心配していました。

イタリアといえばパスタ、ピザ、パン。主食が小麦の食生活に変わりましたが、今のところは大きな問題はありません。

ただ、やっぱりたまにはお米が食べたい。お米は私にとっては魂。ライス イズ ソウルです。

 

そして、先日、キッチン用品のお店で炊飯器を見つけました。

元々20ユーロくらいのお手頃なやつが、更に30%引きになっていました。安すぎる。

スイッチ(というかレバー)は、「炊く」か「保温」の2つ。シンプルすぎる。

ただお米を食べたい。聞くと、妻の会社の人が近く日本からお米を持ってきてくれるらしい。ナイスタイミングすぎる。

えぇーい、ここはとりあえず買ってみよう!ということで、購入し、昨晩、ついに使ってみました。

お米を研ぐために内側の釜を持った私は思いました。軽すぎる。

説明書に炊きあがる時間が書いていなかったのですが、2合だし40分くらいかな〜と思っていたら、20分くらいで炊きあがりました。早すぎる。

 

私は決して食通ではないですが、何を食べてもおいしい訳ではなく、マズイものはマズイです。

だから「ライス イズ ソウル」であっても、明らかに日本人だったらつけないであろう名前のレストランで、とりあえずな感じでお米を食べようとは思わない*1ですし、そんな魂を売るようなことはしません(ここまで大げさにいう必要はないのですが…)。

 

話が逸れましたが、お米を蒸している間に、かなり期待値が下がっていました。

お茶碗によそっている時も、なんか水分多い気がする。。。

が、しかし。おいしかったんですね。お米、うまーーーい!!!

期待を超えるおいしさでした。めちゃくちゃ嬉しかったです。

それはもう浮き足立つくらいの嬉しさで、勢い余って、妻に「おにぎり屋さん始めようかな」なんて言っちゃいました。いやー、嬉しい!

 

今日のお昼もお米を消費してしまったので、予想以上のペースでお米がなくなっていきます。そして次にやってくるのが、おいしいお米をどこで調達するか問題。

これも大きな問題ではありますが、今はおいしいお米を家でも食べれるようになったことを喜びたいと思います。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

*1:ミラノにはおいしい日本食レストランもたくさんあります

ミラノ外出時トイレ問題

みなさん、こんにちは。こぶです。

 

外出時の私にとって大きな問題のひとつが、トイレ問題です。下品な話をするつもりはありませんが、30歳のオッサンからトイレの話なんか聞きたくないという方は、他にも記事を書いておりますのでそちらをお楽しみ頂けると嬉しいです。

 

では、トイレの話をします。

 

トイレに行きたくなったとき、高校の生物の授業を思い出すことがあります。生物の先生は二枚目で、坂本龍馬の大ファンで、熱い日本男児という感じのエネルギッシュな男性でした。

 

彼は言いました。

お前らな、男性と女性では、膀胱の大きさが違うんや。だから覚えとけ。将来、彼女とドライブするとき、お前はトイレに行きたくなくても、トイレ休憩するんや。わかったな。

 

おかげで、男性の方が膀胱が大きいという知識はつきましたが、30年生きてきて、この知識が活用できたことはありません。

 

それは私が免許をとるのが遅く、いや早くても、彼女がいなかったためにドライブする機会がなかったからです。

さらに、私は思います。先生の教えは、私には当てはまらないのでは?

 

だから私は外出時にトイレは大丈夫かな?と不安になります。

 

日本ではコンビニが至るところにありますし、スーパーでトイレを借りることもできたので、安心感がありました。

 

さらに日本のトイレは、あるイタリア人の友人が「日本はトイレがめちゃくちゃキレイだったよ!床をなめれそうだったよ!」と絶賛するほどの清潔さなので、トイレ問題はそれほど大きな問題ではありませんでした。

 

でも、ミラノにはコンビニはありません。ではトイレに行きたくなったらどうするか?

私は、バーでコーヒーを飲んだり、ジェラート食べたりして、ついでにトイレを借りるようにしています。

 

ミラノでのトイレ問題は私にとってはあまりにも深刻なので、丸腰で勝負するのは精神的に良くありません。なので、トイレが使えるカフェ等を把握しておくことが、非常に有効なのです。

 

まとめますと、世の中、リスクテイクの連続です。まずはリスクを正しく認識すること(トイレは生理的に行きたくなるもので、特に私の場合はその頻度が高く、我慢の限界が低い)。そして、リスクの対応策は、回避(家から出ない)、転嫁(不可。私の代わりに妻に行ってもらうとかはできません)、軽減(水分の摂取量を減らす)、受容(受け入れる)。回避ばかりしていては、人生がつまらないのでリスクテイク(転嫁・軽減・受容)が必要です。受容時は、ただ受け入れるだけでなく、できる限り対策をとるべきでしょう(トイレに行きやすい場所をリストアップしておく)。

 

今回は、海外で外出時のトイレって心配ですよね、というお話でした。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

シェア自転車が「生活」と「観光」を便利にする

みなさん、こんにちは。こぶです。

 

今回は、シェア自転車のおかげでミラノでの生活と観光が便利になったなぁ、日本の観光もシェア自転車で益々活性化したらいいなぁ、という記事を書いていきます。

 

 

ミラノに来てからの2か月

近くのスーパーに行くのは徒歩でいいけど、ちょっと遠出するために地下鉄(メトロ)や路面電車(トラム)に乗らないといけないのがなぁ… 車は持ってないしなぁ… 自転車があればなぁ…

ミラノに来てからの2か月間、そんな風に思うことが多々ありました。大阪に住んでいる時は、妻と私の2台持ちで本当によく使う移動手段でした。自転車があると移動範囲も広がりますし、維持費もかからないし、便利な移動手段です。そんな私たちですが、ミラノ生活では自転車を購入できずにいました。ママチャリみたいな手頃な自転車があまりなく、400ユーロくらいの良いチャリはあるけど、そこまで本気のチャリが必要かなぁ…と二の足を踏んでいました。

 

よく目にしていたシェア自転車

ミラノではそこら中でシェア自転車を見かけます。よく見かけるのは、BikeMi*1とMobike*2です。

少し話が逸れますが、そもそもシェア自転車とは、

自転車を共同利用する交通システムで、特にコミュニティサイクルは多数の自転車を都市内の各所に配置し、利用者はどこの拠点(ポート)からでも借り出して、好きなポートで返却ができる新たな都市交通手段。現在、欧米を中心に世界中の500 都市以上で本格運営されている。

出典:一般社団法人 日本シェアサイクル協会 「シェアサイクルとは」*3 

というものです。

2019年3月まで大阪に住んでいましたが、シェア自転車は普及していない印象です。一方でミラノでは電車や地下鉄の駅の近くにシェア自転車の拠点(ポート)が設置されていたり、スーツ姿の人が利用していたりして、シェア自転車が地域に根づいているように感じます。

ちなみに、上記の2つのシェア自転車の違いは、BikeMiはポートで借りてポートに返す(借りたポートである必要はない)タイプで、Mobikeはどこでも乗り捨て可能なタイプ、という感じです。

 

BikeMi、はじめました

自転車を使いたい欲求が高まったので、私たちはBikeMiを使うことにしました。1日4.5ユーロ、1週間9ユーロ、1年間36ユーロの中から選択することになります。1か月がないあたりに、価格設定の巧みさを感じましたが、1年間で8日間くらい使うと思い、1年契約にしました。

アプリで登録を済ませて、早速その日から使っていますが、移動範囲が広がって、満足しています。息子を乗せるために子どもシート付きの自転車を探すのは台数が限られているので少し難しいですが、それでも契約してよかったと思っています。

 

観光におけるシェア自転車の活用

BikeMiは、主要な駅や観光地の近くにポートがあるので、生活だけでなく、観光においても大活躍です。

旅先で、最寄駅から目的地までの距離が微妙に遠くて、それなりの距離を歩かなければならないことがあると思いますが、シェア自転車はその問題を解決してくれます。そう、ラストワンマイルを満たしてくれるのです。

観光大国イタリア、そしてその中でもトップクラスの観光都市ミラノ。さすがです。1日や1週間の契約期間は、住民のためというよりは、観光客のためなのかもしれません。

アプリで登録したらすぐに使える手軽さ、借りる・返すの利便性、運転する際の自転車・道路の安全性など、課題は色々あると思いますが、日本でもシェア自転車が普及して、観光が益々活性化するようになればいいなぁと思います。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

夜の爆音パーティーで思うこと

みなさん、こんばんは。こぶです。

ただ今、イタリアでは23時前です。

マンションのどこかで、爆音が流れております。時折、大合唱も聞こえます。ハッピーバースデーも聞こえたので、誰かの誕生日かもしれません。

 

日本だったら、

明日仕事なのに迷惑だなぁ、とか、

帰ってきて、この爆音、勘弁してくれよ、とか、

子どもが小さいから、やめてほしいな、とか、

とにかく、ありえない、と思います。

 

中学生くらいの社会の授業で、海外からの移民が爆音でパーティーをして、住民とトラブルになる、と習った気がします。

 

当然ですが、トラブルを起こす気はありません。私が移民の立場だからというのもありますが、ブログをやっているおかげで、こうして記事のネタにさせてもらおうとプラスに考えられます。ありがたいことです。

根がネガティブな性格なので、まだまだ前向きに捉えられないこともたくさんありますが、これからもできる限り前向きに、頑張っていきたいと思います。

 

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。それではみなさん、おやすみなさい。

イタリア人と日本人の時間感覚の違い

みなさん、こんにちは。こぶです。

 

今回はイタリア人と日本人の時間の感覚の違いについてお話ししたいと思います。人生100年時代を見据えると、イタリア人の時間感覚が参考になるかもしれません。読者のみなさんのお役に立てば幸いです。

 

 

イタリア人と日本人の時間感覚

イタリア人の時間に対しする感覚を一言で表現すると、「ゆとり」です。悪く言うと「ルーズ」、「テキトー」です。

そして、日本人の場合は「きっちり」だと思います。これは、悪く言うと「せかせか」や「厳しい」という感じです。

 

イタリア人の友人を自宅に招いた時の話

先日、イタリア人の友人を自宅に招いて日本食パーティーを開催しました。集合時間は19時でした。

私は19時に向けて料理を準備していました。こういう私も時間にルーズなところがあるので、19時前になっても全然料理は完成していなかったのですが、19時を過ぎた頃に1人の友人から妻に連絡がありました。「30分に着く」。遅れとるではないか。

今度は別の友人から連絡があり、「30分に家を出る」とのこと。移動時間を考えると、到着は20時前となります。遅れとるではないか。

最後にまだ連絡のなかった友人から連絡があり、「扉と扉の間のスペースから出られなくなってた人を助けてたから、今から行く」とのこと。事情はよくわからんが、緊急事態を救っていたのね。ナイス。

といった具合で、最終的には20時過ぎに全員集合となりました。1時間以上たってからの開始でしたが、みんな何事もなかった感じでした。このテキトーな感じ、私はもともと嫌いではありませんし、イタリア人の親戚や友人に何度も驚かされていますので、だいぶ慣れてきました。今でもたまに唖然とすることがありますが。めっちゃ待たすやん。

 

他にも、歩行者信号が赤になりそうなとき、私はついつい走ってしまいそうになりますが、多くのイタリア人は「次、渡ればいいや」と悠々としています。

 

なぜイタリア人には「ゆとり」があるのか?

労働時間が影響していると思います。残業はほとんどしない、有給休暇は全部取得すると聞いています。先日、出会ったイタリア人は、夏休みが3週間あるのでキューバ旅行を計画中とのことでした。羨ましい。。。

多くのイタリア人から、「生きるために働く」という姿勢を感じます。「働くために生きている」ようにがむしゃらに働いていた時期のある私のとっては、非常に興味深いちがいです(その経験があってこその今の自分なので、当時は大変でしたが今では感謝しかありません)。

 

複数の時間感覚を持とう!

私は日本人の「きっちり」した時間感覚はとても素晴らしいものだと思います。予定が立てやすいので、非常に効率が良いですし、自分の時間も相手の時間も大切にできると思います。

一方で、イタリア人の「ゆとり」のある感じも、人生には必要な気がしています。

人生100年時代のような今の時代では、ときには効率が悪いように思える選択が、後の人生で効いてくることがあるのではないかと思います。

「生きる力」の養成を目指したのがゆとり教育であったように、人生100年時代においては、より良く、より幸せに生きるためには「ゆとり」もきっと大切なんだと思います。

そして、「きっちり」の人が「ゆとり」の感覚も身に付けるのは、その逆よりもはるかに簡単だと思います。まずは、点滅している青信号を渡らない、駆け込み乗車せずに電車を一本見送ってみるなど、ぜひ「ゆとり」の感覚も身に付けてみてはいかがでしょうか?

そんなことして何になるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう価値観もあるんだと知って頂けるだけでも嬉しく思います。今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

擬似育休の実体験から思う、男性の育児休暇取得のメリット

みなさん、こんにちは。こぶです。

 

先日の記事で息子がイヤイヤ期の絶頂にあるということを書きましたが、日々育児の大変さを感じております。

そんな中、日本で男性の育児休暇取得義務化の議論があることを知りました。

headlines.yahoo.co.jp

私は2019年3月末で日本の会社を退職していますので、育児休暇中ではありませんが、似たような状況*1(以下、「擬似育休中」ということで進めます)ですので、今回は「男性の育児休暇取得のメリット」について書きたいと思います。

なお、以下のメリットは、擬似育休中の私ができる(ようになった)という意味ではなく、できるようになりたいと考えていること。あるいは、この苦労は将来こんな風に役立つはずだ(と考えたら今の苦労を乗り越える気力になりそう)、と思っていることです。

パパ2年生(擬似育休は実質2か月ちょっと)の実体験に基づく見解としてご参考になれば幸いです。

 

 

相手の都合を考慮できる。

これは最大のメリットだと思います。身近で妻の苦労を見るだけでなく、自分で育児の大変さを経験することで、育児をしている人達の苦労に共感できるようになりました。

百聞は一見にしかずです。育児をしながら仕事をするのは想像以上に大変です。それを経験できれば、自分の都合だけで仕事を進めようとせず、相手に配慮できるようになると思います。

さらに、こうした苦労は育児に限ったことではありません。人にはそれぞれの事情がありますので、すべての人に対してこうした配慮ができるように展開できると思います。 

時間を管理する、優先順位をつける癖がつく。

与えられた時間で最大の成果を得るビジネスにおいて、この2つのスキルは必須だと思います。

育児をしていると自由時間が極端に減ります。我が家の場合は、息子が寝ている時くらいです。この時間に何をするか(何をしたいか)を真剣に考えなければ、正直、だらだらして自由時間が終わってしまいます(そういう時も結構ありますが。汗)。

サラリーマンをしていると仕事で多くの時間を取られていると思いますが、育休中に得られる自由時間で、読みたかった本を読んだり、何か新しいことに挑戦してみるのも良いと思います。

2つのスキルが向上するだけでなく、そこで得た知識や人脈などが、育休後に役に立つという二次的な効果もあるかもしれません。

理屈が通らない相手に対する忍耐力がつく。

子どもに理屈は通りません。お菓子ばっかり食べないでご飯もちゃんと食べるように言っても聞かない、さっき上ったばっかりの階段を下りようとする、エレベーターの中から出てこない、など、とにかく理屈では理解できないことだらけです。

これは理屈っぽい性格の私にとってはストレスが大きいですが、息子に対する愛があるから我慢できます。ちゃんと説明を続ければ、いつかわかってくれるだろうと期待し続けられます。

似たような体験として、前職でOJTをやったとき、新入社員の行動の理屈がわからないことがありました。

きっと私の理屈とは違う理屈が彼にはあったと思います。もっと愛をもって、理由を聞いて、成長を期待する態度を持ち続けられたら、もっと良い先輩社員になれたのになぁと反省しています。

子どもに対して愛を持って接する経験は、忍耐力、期待し続ける力を養い、部下育成に役立つと思います。

家族との人間関係を大切に思える。

息子の成長を感じたり、頼られている実感を得られると非常に嬉しいものです。

子どもは毎日どんどんできることが増えていきます*2

私が会社で過ごしている間にも息子はどんどん成長してたんだな、その成長を見逃してしまったな、と思いと寂しくなることがあります。

子どもの成長を見逃さず、家族で共有できるのは、幸せなことだと思います。

また、育児や家事に積極的に関与することで、 奥さんもきっと惚れ直す。はず。笑 私の場合は、妻への感謝の気持ちが大きくなりました。こんなに頑張ってくれてたのか、と。

こうして守るべき家族の大切さを再認識すれば、仕事をいい加減な気持ちではやれなくなり、意欲的に仕事に取り組めるようになるでしょう。

友人との共通の話題になる。

育児は、学生時代の友人との共通の話題になります。卒業後、別々の道に進んだ友人と過去の思い出話をするのも楽しいですが、現在の状況を「育児」というテーマで話してみるのも楽しいものです。

IT系のエンジニア(文系の私には仕事内容は想像もつきません)をやっている高校時代の部活仲間とは、会う度にお互いの子どもの成長の話ができて、とても盛り上がります。

もともとの友人であれば価値観も近いので、悩み相談などもしやすかったりすると思います。

クリエイティブになる(かも)。

子どもは一見、何が面白いの?みたいなことで大喜びします。

道路の端っこを歩いたり、噴水から出てくる水を触ってみたり、石や葉っぱを拾ったり、本当に色々です。

ビジネスでは「効率」というものが重要視されていますが、子ども遊びに「効率」はありません。意識的に効率から離れるのは意外と難しいものなので、子どもとの遊びを通じて、効率から離れてみると、思わぬクリエイティビティに出会えるような気がしています。

まとめ

長くなりましたが、擬似育休中の私が考えるメリットは上記の通りです。育休を取る必要のなさそうなものも含めてしまいましたが、これはメリットを享受するためのの大前提と関係しています。

それは、本気で育児を行うこと。絶対的な答えはないと思うので、自分なりで良いと思いますが、とにかく本気になること。

本気で育児を行って、その大変さ、苦労を経験するからこそ、

相手の都合を考慮できるし、

時間を管理する、優先順位をつける癖がつくし、

理屈が通らない相手に対する忍耐力がつくし、

家族との人間関係を大切に思えるし、

友人との共通の話題になるし、

クリエイティブになれるかもしれないのです。

逆に言うと、本気で育児を行っていれば、育児休暇を取得するかしないかは関係ないのかもしれません。

 

えらそうにメリットを語りましたが、私はまだまだ未熟なパパ2年生です。日々成長する息子に負けないように、育児を通じて私も成長していきたいと思っています。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

*1:私の収入がなく、妻の所得で生活しており、育児をしている状況。同じ職場に復帰する予定がない、というのは大きな違いだと思いますが。

*2:キックボードに乗るとき、前まではちょこちょこ蹴っていましたが、最近ではひと蹴りで長く前に進めるようになりました。